スポンサーリンク

【いきなりステーキ】肉マイレージ大幅改善!ランクダウン制度が実質廃止

いきなり!ステーキ
スポンサーリンク

いきなりステーキのビッグニュースです!

2020年12月に肉マイレージシステムの改悪が行われたことについては当ブログでも触れさせていただきましたが、その際に一番の問題だと思われた既存会員のランクダウン制度について大きな見直しが入りました。

今回のシステム改修により、旧システムでプラチナ会員以上であったリピーターにとってはマイナス面は部分はほぼなくなり、プラス面が大きく目立つ優秀なポイントサービスへと変貌をとげました。

実際に何がどう変わったのかについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

肉マイレージシステム大幅改善は突然に

私は今回のシステム改善については事前に全く知らず、システム改善が走り始めて数日間は改善の事実も知らないままでした。

システムの改善の事実を知ったのは実際に店頭でランチを食べている時のことでした。

※テーブルに貼られている1枚の新サービス告知

ん?

新サービス…?

※そこに書かれているのは「20kg以上はランクダウンしません」という衝撃的な告知文でした

おおおおおおお

しかしながら一方で、新肉マイレージシステムは多くのお客様から様々なご意見を頂戴しておりました。

お客様から頂戴したご意見やご指摘を真撃に受け止め協議を重ねた結果、この度、2021年5月20日より、新肉マイレージシステムにサービス内容を追加する事を決定致しました。

出典:いきなり!ステーキ公式アプリ

これは思い切りましたね!

今までのモヤモヤとした不満が一気に解消されました!

素晴らしい…

いや、素晴らしすぎる対応です。

スポンサーリンク

新システムでは何がどう変わったのか?

何がどう変わったのか?

これだけではよくわからない方もいると思いますので、説明していきたいと思います。

20kg以上はランクダウンしない

2020年12月の改悪によって一番の問題になったのは既存のヘビーユーザーも対象に含まれるランクダウン制度でした。

旧システムでプラチナ会員以上の会員になるためには相当数の来店を繰り返す必要があり、非常にハードルが高かったのにも関わらず、そうしたユーザーに対しても一定期間内に一定数通わないとペナルティを課してランクダウンさせるという突然の非情警告には私も含め多くのリピーターに衝撃と失望を与えました。

それについての反響は大きく、何が問題なのかを書いた私の記事についても多くの批判コメントも寄せられました。

しかし、今回の20kg以上はランクダウンしないというシステムの導入により、そうした不満は完全に無くなったといってもいいでしょう。

この20kg以上というのは旧システムでいうところのプラチナ会員か否かというラインなのです。

つまり旧システムでプラチナ会員であったユーザーはランクダウンしないということです。

また、旧システムで17,000gや18,000gであと一息で達成だったというユーザーもグラム数はリセットされずにそのまま継続なので、旧システムの段階でギリギリプラチナ未到達だったユーザーもすぐに20,000gに乗る事ができランクダウンしない状態にすることができます。

このように、今回の改修はプラチナ会員到達時期によって平等・不平等が存在せず、全てのユーザーにとってプラスに働く非常にハッピーな改修だと断言できます。

1年間利用がないとマイレージがリセットされるのは旧システムから引き続いての仕様なのでその点だけ気を付けてください。

達成記念プラスチックカードの進呈

これについては記念品的な側面から欲しい人はいると思いますし、いらない人はいらないでしょう。

ただ、旧システムでは全員に進呈されていたアイテムですので、いる/いらない関係なく平等感を考えるとこれから達成する人にも進呈されるよう対応してくれたのは嬉しい配慮です。

スポンサーリンク

誕生日特典の改悪継続はやむを得ない

こちらについては前回の記事で触れました通り、企業が負うリスクがあまりにも大きいためやむを得ないと思っています。

いままでがお得すぎておかしかったので、本来あるべき姿に戻ったと思う方が建設的です。

また後述するポイントサービスによる新たな付加価値が生まれており、そちらで十分お得感はあるのでそちらを有効活用していければと思っています。

この誕生日特典の改悪に対して納得いかない人もいるとは思いますが、私自身としてはこのように仕方なしと思っています。

スポンサーリンク

ランクダウン消滅により食事ポイントのメリットが光る

ランクダウンという致命的なデメリットが消滅したからこそ、新システムのメリットであった食事ポイント(10回来店で1回ワイルドステーキが無料)が純粋なメリットとしてより輝きます。

食事ポイント制度自体がかなり優秀なシステムであり、ワイルドステーキのみを食べ続けた場合は実質的に毎回会計が10%OFFになるようなものです。

誕生日クーポンのグレードダウンは新システムの実質的なデメリットですが、この食事ポイントによるメリットの方が圧倒的なので、月に何回か通うリピーターであれば多くの恩恵を受けることができます。

リリース当初はランクダウンによるデメリットが強く目立ってしまいましたが、そうしたデメリットもなくなったので食事ポイントの有用性が際立ってきました。

この食事ポイントサービスは凄くお得なので、ぜひ積極的に有効活用していきましょう!

スポンサーリンク

今回の改善をより多くの人に伝えたい

2020年12月のシステム改悪については大きな反響があり、瞬く間に拡散されました。

この件に限らず、日々の世の中のニュースをはじめとしてインターネット上の拡散は悪いことのほうがよくされて、良いことがあまりされない傾向があります。

だからこそ、今回のシステムが改善されたという良い話題は積極的に広がって欲しいと思っています。

今回のシステム改善はただ放っておいたら勝手に改善されたということでなく、リピーターからの強い要望で会社が一度決めたシステムを修正させたという面や単純に顧客メリットが高いシステムであることから尚更です。

いきなりステーキの英断をより多くの人に伝えたいと思っています。

スポンサーリンク

失った顧客を取り戻せるか?

私は内部の人間ではないので、細かい売上推移等のデータはわかりません。

ただし、点の話ですが、私の周囲を見てもシステム改悪が致命的になってしまい、それ以降いきなりステーキ離れしてしまった人がいます。

そういった人たちがどれぐらい戻ってくるかというところが今後の鍵になってきますね。

導入当初からこうしていれば…と思うも、過ぎてしまったことは仕方ないですし、今後これからどうしていくかだと思います。

正直、ブランド自体の印象が悪くなってしまった感は否めませんが、味については不変でシステム改悪以降のこの約半年の間もステーキの品質に関してはキープし続けて美味しいままでした。

問題要素を見直してシステム改善という形でしっかり応えてくれたので、システム改悪を機に離れてしまった人も過去のことは許してまたいきなりステーキに行ってみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました