スポンサーリンク

マンションのオートロック「アルファedロック」の電池交換方法

雑記
スポンサーリンク

こんにちは、じゅるるです。

いやぁ災難が起きました。真夏の災難です。

我が家はオートロックのマンションなのですが、そのオートロックの電池がなくなってしまいました。即ち、ドアが開かない、部屋に入れない。

オートロックの電池がなくなると…なんと鍵を解錠できなくなってしまうのです。なんとというか…電池がないんですから当たり前なんですけど…。

といった具合に…部屋に入ることができなくなる現象に陥りまして。はい、危機直面ですね。

2018年夏。この猛暑の中、部屋に入ることができない…廊下は低温サウナのようです。

だ、誰か助けて。

それだったら「電池交換だ!電池を換えればいい!」と思うも、電池蓋が開かない…これどうやって開ければいいんだ…?

今この記事を見ている人も同じ状況かもしれません。

さあ…一緒に解決していきましょう…

スポンサーリンク

アルファedロックの電池交換方法

私のマンションは「アルファedロック」というオートロックのようです。あなたのマンションもこのタイプのオートロックであれば本記事で解決できるかと思います。下記に写真を載せます。

こんな感じのオートロックです。このオートロックを「アルファedロック」と呼ぶようです。このタイプのオートロックでない場合は残念ながら今回助けになれそうにないです。申し訳ございません。

電池フタの開け方

まず電池フタがどこなのかと思うかもしれませんね。電池フタは底です。

この底にある黒い部分が電池蓋になります。ですがこの電池蓋、このままでは開けることができません。力任せに開けようとしてもびくともしません。

これをどうやって開けるかというと、公式のマニュアルに書いてある通りの手順を行うことでフタを開けることができます。

電池フタを開ける手順

1.「*」を押す

2.暗証番号(いつも部屋に入る時に使っている番号)を入力する

3.「*」を再び押す

4.2秒以内に右上の「電池ボタン」を押す

5.蓋を奥に一度押し込んでから引き抜く

少し操作が難しいですが、これで開けられるはずです。うまくいかない場合は何回か試してください。

公式マニュアルはこちらから見ることができます。

「なんでこんなに複雑なんだ~電池蓋くらいロックなしで開けられてもいいのに」とも思いましたが、よくよく考えると電池を抜くっていうイタズラができちゃうのでそれの予防でしょうか。

スポンサーリンク

電池を抜いた状態でフタを閉めないで!

これ超注意です。

電池を抜いてフタすると詰みます!

電池交換のために電池を抜いたあとは蓋を閉めたくなりますよね。

これが罠です。

電池が空の状態、また電池が完全になくなった状態だと電池蓋が開けられなくなります。

なんでこういう話をするかというとですね。これ見事に私ハマりまして…

電池を買いに行った後に家に戻ってきて気が付いたのですが、電池蓋が開かなくて真っ青になりました。

この状態になると「メンテナンスカード」というもの使って開けるらしいのですが、そんなもの持ってないです…入居時に貰ったのかもしれませんが…。

この記事を読んだ方はくれぐれもこの状態にならないように細心の注意を払ってください。ちなみに後述しますが、私は管理会社に連絡して何とかしてもらいました。

スポンサーリンク

電池はコンビニなどでは売ってない

電池を店に探しに行く際に全てのコンビニをチェックしたわけではないのですが、一般的にコンビニなどでは見つけ難い電池かと思います。夜中とかに買おうと思っても、売っている店がなく、買おうと思ってもなかなか買えません。

近所に大型量販店がないと緊急時の交換がなかなか厳しい…。

リチウム電池 CR-P2

このタイプのオートロック「アルファedロック」に使用する電池はこちらです。私は大型電機店で購入しました。

普通の店ではなかなか見かけないので、皆様も大型電気店やドン・キホーテなどで買うことになると思います。また値段も通常の電池と比べて少々高く、量販店での購入は1,500円程度見ておいた方がいいと思います。

スポンサーリンク

電池交換の前兆がきたらすぐに交換すべき

電池交換の前兆から電池消失までは一定の期間の猶予があります。前兆が現れたら、私のようにならないためにもすぐに電池交換をしましょう。

前兆はいつも通り施錠ボタンを押すと「ピー!ピー!」とアラート音が鳴り、赤ランプが点滅します。普段の挙動と明らかに違うのですぐにわかると思います。

この状態になると電池が危うい合図ですので、迅速に電池交換に取り掛かってください。猶予期間でも鍵の施錠動作はできるのですが、「明日でいいや」「明後日でいいや」と後回しにしているとそのうち電池が完全に切れてしまって詰みます。

オートロックは便利だけど…

オートロックは便利でセキュリティも強固です。

反面、このようにアナログでは解決できないようなことも起こりえます。こういった時にどう行動すべきかを常に考えておくのが大事かなと思いました。

スポンサーリンク

管理会社に連絡して助けてもらいました

私は電池を抜いてフタをしてしまって詰んでしまったので管理会社に連絡してなんとかしてもらいました。連絡した翌日の対応でしたので、当日今すぐ何とかなるとは限りません。

このようにならないように自己解決できるに越したことはありませんね。下記の簡単なまとめを記しておきますので役立ててくださいませ。

簡単なまとめ

アラート音が鳴り始めたら迅速に電池交換をする。

フタの開け方を理解し、フタを自分で開けられて電池を確保できれば解決できる。

また、電池を取り出した際に絶対にフタはしない。

皆様の解決にこの記事が少しでも役立てましたら幸いです。

私自身、次回交換の際は同じ過ちは絶対に起こしたくありません…この記事に書いてることを頭に刻んでおきます(笑)

コメント

  1. 蓋閉めてしまったひと より:

    メンテナンスカードを管理会社が持ってきた際は料金はかかりましたか?

    • 管理人 より:

      マンションの管理会社にもよると思いますが、私が管理会社に依頼した際は料金はかかりませんでした。

  2. 匿名 より:

    今朝、家を出る時に異音がなり、帰宅時に開かなかったらどうしようとドキドキしながら出勤してきたので、非常に助かりました。
    貴重かつ詳しいご説明ありがとうございました!

    • jururu より:

      返信遅れてしまいすみません。無事解決してよかったです!
      電池の寿命的に来年あたりにまた同じことになりそうなので、十分注意しようと思います。

タイトルとURLをコピーしました